Wednesday, April 13, 2022

 




Wednesday, February 16, 2022

web magazine「雛形」にて

 

「こちらの記事に添える写真を。」という依頼だった。
出張の合間、夕暮れ前に知らない街を歩いてみることにした。
枯れた枝の間から、川の向こう側の病院にいる姉へ、静かに祈りを捧げた老婆に出会った。
歩道橋の上から、スケートボードをしている若者をしばらく眺めた。
野球場を挟んだ向こう側には、二人の姿があった。
その二人のいる光景が、どこか希望と重なっているように感じられた。



編集:森 若菜
文:兵藤 育子
写真:阿部 健


Monday, November 22, 2021

popeyemagazine.jp にて


2021年9月の夜、いつものように僕は皿を洗っている。

"TOWN TALK" (#1~#4まで、全4回のコラム)


Thursday, June 3, 2021

 




Saturday, May 29, 2021

DIGINNER GALLERY 企画展「all in good time」


DIGINNER GALLERYの企画展、「all in good time」に参加しています。

写真だけのグループ展に参加するのは、これが初めてかもしれません。

こんな時期のせいなのか、今回はいつも以上に思い出深い経験になりました。


Group Photo Exhibition

"all in good time"

日時 2021年5/15(土)〜 6/13(日) 毎週(月・火)休廊

   11:00 ~ 19:00/最終日17:00迄

会場 DIGGINNER GALLERY

   〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-11-2

   HP www.diginner,com


参加フォトグラファー 阿部健野口健吾Olivier Kerevern松井良寛


- ステートメント-

「New Normal / 新しい日常」という言葉が当たり前となった昨今、「生命」「生活」「人生」といったキーワードを意識するようになり、生真面目な日本人にとって「不謹慎」というNGワードにより笑顔が消え、ストレスを抱える日常に変わってしまった。それでも毎日は訪れ、最低限の予防をしつつ見えない恐怖と付き合いながらも、我々にとっての憩いの場を探して求めているのではないか。恐怖やストレスは時間と慣れで、ある程度はリカバーできる。但し、それは一種の絶望であって、以前の美しかった記憶や、大事な時間を消去して陥る、負の対処法でもある。

本展ではDIGINNERがフィーチャーする4名の写真家が切り取った美しい記憶を展示いたします。そこに写る風景、人物、場所、時間などから、やがて訪れるNormalな日常に期待しつつ、会場が皆様にとっての憩いの場となることを願います。


©︎ 2021 Takeshi Abe



Sunday, November 29, 2020

 




Wednesday, November 4, 2020


for POPEYE magazine pop up store 2019